チョンキンマンションのボスは知っている(小川さやか)

香港で活動するタンザニア交易人たちの日常と、彼らのビジネスを支える相互扶助組織のようなものをレポートしている。 筆者は文化人類学者であり、実際に彼らが根城とするチョンキンマンションに長期で暮らしながら観察したというのもすごいと思う。 タンザニア交易人たちは、急成長する中国の商品を、タンザニアにコンテナで送り込み利益を得ている。 …
コメント:0

続きを読むread more

神長官守矢資料館・御頭御社宮司(おんとうミシャグチ)総社(2022 諏訪縄文紀行 3)

守矢家は76代にわたり一子相伝の口伝えにより、古代から諏訪大社の神事を伝えてきた。 その祖は、この地の洩屋神を長とする先住民に行き着くという。 そういった意味でここは今回の旅のスタート地点でありメインでもある。 幹線道路から奥まったところに、守矢資料館はある。 もともと守矢家代々の屋敷である。 今でも、たぶん敷…
コメント:0

続きを読むread more

達屋酢蔵神社 (2022 諏訪縄文紀行 2)

茅野駅から上川に向かって、狭い坂道を下っていく。 茅野断層崖を氾濫原に降りていくのを実感する。 茅野という地名が、ここらがかつて諏訪湖の低湿地であったことを思わせる。 古い道らしく、地蔵や神社が現れる。 なにか呼ぶものがあったので、立ち寄ることにした。 由緒書きによると、祭神は達屋社と酢蔵社とい…
コメント:0

続きを読むread more