諏訪大社上社前宮 (2022 諏訪縄文紀行 4) 

諏訪大社上社前宮は、諏訪大社の中でも、もっとも縄文の気配を残している場所だと思う。 それは、諏訪大社の大祝(おおほうり)すなわち生神(いきがみ)が居を構え、諏訪信仰発祥の地と伝えられているからだ。 神社の入口に立つと、多くの他の神社と風景が違うことがわかる。 参道は斜面になっていて階段は右側に申し訳程度についている。 …
コメント:0

続きを読むread more