一色機関銃陣地跡(渥美半島の戦争遺跡7)(2024 伊良湖岬の旅)

伊良湖射場とその関連施設は日露戦争を機に整備され、太平洋戦争の終わりまで使われた施設だが、他に渥美半島には太平洋戦争終末期の本土決戦のための軍事施設がいくつもあったようだ。 限られた資料からアメリカ軍上陸を想定した日本軍の陣地の位置図を作ってみた。二川の髙山に指揮所をもうけ、その背後に兵站補給所を配置し、渥美半島の海岸にそって陣地…
コメント:0

続きを読むread more

陸軍伊良湖試験場 (渥美半島の戦争遺跡4)(2024 伊良湖岬の旅)

伊良湖試験場は正式には陸軍第一技術研究所伊良湖試験場と言い、大阪砲兵工廠で製造された砲弾や外国から捕獲した砲弾の試射を行い、性能試験を行うところであった。 大砲の砲弾を実射するのであるから、敷地面積285万坪という広大な面積を有していた。渥美半島の西端の砂州全体が敷地である。 北端には事務所と発射場があり、南端の伊良湖岬をめがけ…
コメント:0

続きを読むread more

柳田國男が伊良湖岬で見た風景 (2024 伊良湖岬の旅)

今回の旅の本当の目的は、柳田國男が伊良湖岬で見た風景を探す旅であった。 柳田國男が伊良湖岬を旅した時、偶然にも椰子の実が漂着しているのを見つけ、東京に帰って島崎藤村にこの話をしたので、「椰子の実」の詩ができたという。 明治31年 田山花袋らと伊良湖岬に遊ぶ。柳田24歳 明治33年 農商務省の役人となり、 明治35年 …
コメント:0

続きを読むread more

陸軍伊良湖試験場 外浜観測所(渥美半島の戦争遺跡5)(2024 伊良湖岬の旅)

小中山から発射された砲弾が伊良湖岬から先の太平洋に着弾するのを観測していたのが外浜観測所である。 田原市教育委員会の資料によると、「日出園地を降り切った海岸にある」と書いてある。グーグルマップで探索してみるがどうもよくわからない。日出海岸を散歩していた地元の人に聞いてもよくわからなかった。 日出海岸には日出の石門という海蝕洞窟が…
コメント:0

続きを読むread more

伊良湖水道機雷封鎖監視所(伊良湖防備衛所跡)(渥美半島の戦争遺跡3)(2024 伊良湖岬の旅)

太平洋戦争末期に本土決戦に備えて、米軍の上陸を阻む伊良湖水道を機雷封鎖するための作戦所がつくられた。その遺構が残っている。残っている建物の基礎コンクリートから推測すると20mX10mほどの規模はある。 平成2年に元伊勢海軍防備隊員有志によって建てられた伊良湖防備衛所跡の記念碑がなければ、ここがその遺構であるとは気がつかない…
コメント:0

続きを読むread more