雁木

画像


鞆の浦の中心。港の風景。
江戸時代の湊の姿そのままだ。
「雁木」と呼ばれる階段状の船着場が残っている。
潮の干満に対して、船の着岸がスムーズにできるように
工夫されている。

他にも、「常夜灯」と呼ばれる灯台も残っている。
「御手洗」にもこれと同じような港の施設が残るが
鞆ほうが風情がある。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック