旗振り山 のこと

旗振り山というのは、
大阪堂島の米相場を各地の取引所に伝えるため
享保(18c)ころから明治後半の電話が普及するまで、
大きな旗を振って通信した見通しのきく山のことだ。
この各地の旗振り山のことを書いてある本を、偶然見つけて読む。


旗振り櫓
Communications_by_flags.jpg



各地に旗振山、旗山、相場振山、畑山などと残っているのは
その中継地点であるという。

神戸では、須磨に「旗振山」があり、まさしくその地である。
確かに鉢伏山の峰は周囲に視界の利く場所だ。

諏訪山や高取山もそうらしいが明確な記録が無いようだ。

昭和9年(1934)浪花町に移転する前の
神戸株式取引所(五郎池)の古いドームが
現在の少年鑑別所のところにあり、
昭和40年ころまで
残っていたのを覚えている。
あのころでも、ここから十分に諏訪山が見通せたので
探せば何か記録が残っていそうである。
また、ベレー帽のターゲットが増えてしまった。

旗振通信の方法は
畳1畳くらいの旗を振り回して
それを望遠鏡で見て、各地で中継し、
米、油、株式、金銀相場を通信した。

通信速度は
堂島→
和歌山 3分、京都 4分、大津 5分、神戸 7分、広島 40分
らしいから、交換を通した初期の電話より早いかもしれない。

ちゃんと他者に知られないよう暗号化や
正確化のための、いわゆるパリティも行われていた。
現代のインターネットをほうふつとさせる。
だとすると旗振り山は、サーバーといったところか。

正確な情報をだれより
いち早く手に入れたいというニーズは
何時の時代でも、どこの国でも同じで
フランスでも19c後半、腕木通信機が考案されている。

腕木通信
D0AgUjiUcAAj-eg.png




その後、有線電信、無線電信と受け継がれる。
通信システムの根源的な部分は
たいして変わっていない。






旗振り山と航空灯台 - 柴田 昭彦
旗振り山と航空灯台 - 柴田 昭彦

腕木通信: ナポレオンが見たインターネットの夜明け 改訂版 (FLoW ePublication) - 中野明
腕木通信: ナポレオンが見たインターネットの夜明け 改訂版 (FLoW ePublication) - 中野明

この記事へのコメント

2012年12月27日 23:52
やはり五郎池の証券取引所から旗振りの通信が行われていたようである。ルートは、五郎池→長田片山町正法寺→須磨旗振山というルートらしい。
http://i-town-nagata.com/02/cont-02-04.htm
ここに詳しい

この記事へのトラックバック