「布良海岸」という詩 (高田敏子)

DSC_0046.jpg


ずっと昔、まだ高校生の夏休みが終わるころ。
深夜放送だったと思う。

詩の朗読があって、その詩はうろ覚えだったが、なぜか印象に残り、
「夏の終わりの海で一人で泳いで、切り通しの道を帰りながら、私の夏が終わった」
という内容だった。

海岸の名は「めら」
まだ、インターネットもグーグルもない時代。
誰の詩なのか?
どこにある海岸なのか?
ずっと引っかかったままだった。


その後インターネットの時代になって、この詩は、高田敏子の「布良海岸」だと知った。
この詩は詩集「藤」に収録されていることもわかった。


この夏。
長いこと詩集なんて読むことがなかったが、
残念ながら図書館にその詩集はなく、
代わりに「高田敏子全詩集」を借りた。

DSC_0048.jpg


私もこの夏の終わりに「布良海岸」に行こうと思う。
その「切り通し」で、作者は何を私に語りかけるだろうか。




高田敏子 略年譜

1914(大正3)東京日本橋の陶器卸店の次女として生まれる
1923 関東大震災
1934 結婚 20歳
   夫の仕事の関係でハルビン、台湾、嘉儀に疎開
1946 引揚

1958 脊髄腫瘍で入院
1960~1963 朝日新聞で日曜日の詩集掲載
1966 詩誌「野火」創刊
1967(昭和42)詩集「藤」昭森社から出版 53歳
   題字は篠田桃紅 
   「布良海岸」収録 室生犀星詩人賞

1976(昭和51)詩集「むらさきの花」 協議離婚 62歳
1989 胃がんで死去 75歳



藤―高田敏子詩集 (1984年) (現代女流自選詩集叢書〈9〉) - 高田 敏子
藤―高田敏子詩集 (1984年) (現代女流自選詩集叢書〈9〉) - 高田 敏子

この記事へのコメント