根府川の海 (2022 相模・安房 黒潮紀行)



今回の旅の目的の1つである根府川駅に降り立つ。

IMG_2736.JPG



予想通りの美しい駅だ。
目の前には相模の海が広がる。

IMG_2738.JPG



ホームの木造の屋根。

IMG_2742.JPG


画廊の絵のような階段の窓。

IMG_2744.JPG



跨線橋の階段の窓からは、相模の海が絵のように見える。

IMG_2791.JPG


跨線橋を渡る。

IMG_2792.JPG


振り返って見る。

IMG_2755.JPG


青い相模の海と跨線橋の水色がよく似合っている。

IMG_2748.JPG

跨線橋は二期に分けて建造されたようで手前と向こう側で構造が違っている。



駅舎を通して海を見る。

IMG_2746.JPG




昇降客がいなくなった暗い待合に座り、明るい相模の海を眺める。
そして、僕をここへいざなった詩を思い浮かべる。


IMG_2787.JPG



根府川の海 
           茨木のり子

根府川
東海道の小駅
赤いカンナの咲いている駅

たっぷり栄養のある
大きな花の向うに
いつもまっさおな海がひろがっていた

IMG_2761.JPG


中尉との恋の話をきかされながら
友と二人ここを通ったことがあった

溢れるような青春を
リュックにつめこみ
動員令をポケットに
ゆられていったこともある

燃えさかる東京をあとに
ネーブルの花の白かったふるさとへ
たどりつくときも
あなたは在った

丈高いカンナの花よ
おだやかな相模の海よ

IMG_2752.JPG


沖に光る波のひとひら
ああそんなかがやきに似た
十代の歳月
風船のように消えた
無知で純粋で徒労だった歳月
うしなわれたたった一つの海賊箱

ほっそりと
蒼く
国を抱きしめて
眉をあげていた
菜ッパ服時代の小さいあたしを
根府川の海よ
忘れはしないだろう?

女の年輪をましながら
ふたたび私は通過する
あれから八年
ひたすらに不敵なこころを育て

海よ

あなたのように
あらぬ方を眺めながら……。


IMG_2762.JPG





僕はまたいつか思い出すだろう。

ある詩人が七十年も前の夏に、見た風景のことを。
そして、この夏、普通列車を乗り継いで降り立った、小さな駅のことを。


IMG_2767.JPG











茨木のり子詩集 (岩波文庫) - 谷川 俊太郎
茨木のり子詩集 (岩波文庫) - 谷川 俊太郎

茨木のり子全詩集 - 茨木 のり子, 治, 宮崎
茨木のり子全詩集 - 茨木 のり子, 治, 宮崎









この記事へのコメント